フリマを選んだ5つの理由

皆様こんにちは

長岡京市で地域になくてはならない存在(を目指している)のあぶら屋の息子の姉です
仕事以外にしてる活動があります

数年前に、ママサークルを立ち上げました。
~サークルを立ち上げようと思った理由~
それは2つ

2014-06-26-06-16-34_deco
その1 ママが時々、輝く場所つくり
子供を産んでからすぐ仕事に復帰予定でしたが、だめですね。一度ゆったりとした時間を過ごすと
仕事するのまだ先でいいやって思ってしまうのです
結局、2年ほど専業主婦になりました。
ママになってからの友達は通称 ママ友(^^)
このママ友 というのは、普通の今までの友達とはいかない年齢も環境も違う
なんとも不思議な感覚です。
聞いてはいけないこと、や行動があるのです。
と予備知識はあっても、実際何処でママ友つくるの?
妊婦の時は、母親が居る人は、母親といることが多くなるのではないでしょうか?
私はコミュニティに入ってみました。
市には色々な子育てサークルがあります。
その中でこの人、こんなことできるのに勿体ない!
私が女性アシスタントの教育に関わってきたからそういう風にみてしまうのです
その2年間の中で、色んな意味で学び気づきました。今まで主婦方の気持ちが全然わかりませんでした。
経験すると気持ちわかるようになってきました。
ママは家族では必要とされるのは当たり前。でもこの当たり前が普通になると
勿論、旦那さんは感謝してるのだけど、そこを恥ずかしくて言えなかったり
言わなくてもわかってると思ったりしてると・・・
私って・・・とさみしい気持ちになったりする。
これは、仕事の仲間が男性社会であったために気づいたこと!
必要とされると輝ける。人からありがとうといってもらえるとうれしくなる。
私、役に立てたんだ。
このちょっとしたことが凄く大事だと思います。
その2 ママが頑張れる時間
子供が少し成長すると働いていた人は、やっぱり社会ときれてしまうと不安なので社会に戻りたいと思う人が多いです。
そういう話を聞いたり、何かしたいと自分の時間を考えたり。

じゃあママが輝ける場所を作ろう  と思い、ママ友たちと一緒にサークルを立ち上げてました。
働くママを応援する❗をコンセプトに立ち上げました。働くとは、ママは働いてなくても働いていても一日中ママは動いてるんです

そんなママたちがめげない、働かなくても小さな楽しみや目標が持てると生活が変わると思います。

そこでそんなんいっても~💦とか言うママもいると思います。それはそれ
bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

サークル活動として最初はフリマから始めました。
始めた理由は、5つ
1・市内にはフリマがなかったこと
2・すぐに始められること、
3・ママ友のコミュニケーションが図れること、
4・モノを売る勉強ができること(この経験によって沢山学べて自信になると思った)
5・場所の有効利用
です。
今は協力していただける方がいて地域のお店の方や手づくり作家さんたちが集まるミニイベントとして継続中です。
助けらてると実感でき、ありがとうってホントに思える
よく言われるのが、子供が小さいうちは、みんなこうした活動するのよ。2年持てばいい方。頑張ってねと。

いやいやもっと大きい夢を描いてるから少々のことでは引き下がりません。

確かに最初のサークルメンバーから半分減りました。せっかく一緒にやってきた仲間が抜けるのは残念です
でも抜けたメンバーがサークルやったことでプラスになってるなら全然いいと思います。

~私とあぶら屋~続き
一緒にやってきた仲間の亀裂!これはよくあることだと思います
私もそれを幾度か体験しました。潰れそうなお店をもう一度立ち上げる時は、力併せてやります
でも軌道にのり、好調になってくると、それぞれ自信もつき
意見がバチバチ!!!
結果お店がなんとも嫌~な空気になるのです。お店の空気って外観に出ると思います
不思議です。
お店を持続するためには楽しくもあり、勉強も必要です。
お店でした勉強は、ライバル店や同じフランチャイズの仲間のお店にいく。
少し面白い勉強として
お酒も飲まないのに、夜のお店へ話方の勉強をしに行った仲間がいました。
私も、夜のお店へ一緒に行き接客、会話の間の取り方など学びました
この女性と一緒に働きたい口説きたい気持ちになるのです

たまには外をみないと、井の中の蛙 になってしまいます
ある意味、外に行くと、自信につながったり、発見があり、
そこで、気が引き締まる。
毎日、同じ環境の繰り替えしでは、気づかないことは沢山ある。
私流 お店を継続するにはこういうお店にしたいという具体的なイメージや気持ち
このお店みたいになりたいという目標
この2つは欠かせないと常に思うのですが、
皆様どう思いますか?

 

今日も読んで下さりありがとうございました
teru

 

 
長岡京 車のコンシェルジュ ヤサカ石油㈱

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*